クロスキャットの株主優待

クロスキャットは1973年6月に設立されたIT企業です。主な事業内容は銀行やクレジット会社、保険会社などの情報システム開発を行ったり、会社内のコミュニケーションを円滑化及び業務の効率化を図るために勤怠管理クラウドシステムを開発したり、ビジネスコミュニケーションツールとしてスカイプの利便性を高めたりなどのサービスを行っています。また、知識と経験を活かして様々なコンサルティングサービスも手掛けています。

クロスキャットの株主に関しては、2016年8月現在の株価は約500円、単元株数は100株からとなっていますので、クロスキャストの株式を保有するために約5万円からになります。2014年及び2015年は過去最高の業績となり、配当金は1株あたり12円、配当利回りは2.4%となっています。配当金については過去5年間順調に伸びてきており、業績が好調であることを物語っています。

またクロスキャットの株主優待に関しては、9月末日現在の株主名簿に記録された株主を対象に、コンビニなどで使うことができるクオカードが贈呈されることになっています。100株以上500株未満保有の株主には500円相当クオカード、500株以上1,000株未満保有の株主、1,000株以上2,000株未満保有の株主には2,000円相当クオカード、そして2,000株以上保有の株主には3,000円相当クオカードが贈呈されます。贈呈時期は12月上旬です。

この記事に関連するタグ

クオカード

コメント

タイトルとURLをコピーしました