株式投資の始め方。どう始めればいいの?

テレビやニュース・新聞等でよく目にしたり耳にしたりする「株」 興味はあるけれど、「始め方がわからない、そもそも株式投資って難しそう」という人多いのではないでしょうか。

全然そんなことはありません!
胡散臭く聞こえるかもしれませんが、本当に難しくありません。

実際、筆者も最初は興味自体はあるけれども始めるのをためらっていましたが、動き出してみれば案外簡単でした。

ここではイマイチ一歩踏み出せない、そんなあなたに向けてのを説明します。

そもそも株ってなんぞや・・・?

株の正式名称を「株式」といい、企業が資金調達するときに発行します。

例えば、ある企業Aが事業拡大をしたいと考えている、しかし拡大する為の費用が足りない・・・。そんな時、企業Aは「株」を発行しそれを買ってもらうことで事業資金を調達するのです。

株を購入した人は、その企業の「株主」となりその企業のオーナーの1人になります。「株主」になれば、株主総会に参加できたり、保有株数に応じて配当金や株主優待を得たりできます。

購入した株は第三者に売却することもできます。

株式投資を始めるための手順

以下の手順を経て、株の売買を行うことが出来ます。

証券会社に口座を開設する

株式投資つまり株を買ったり売ったりするには、まず証券会社に口座開設が必要です。株取引は口座開設したその証券会社を介して、株の売買を行うことができます。

・口座開設するのにお金掛かるんじゃないの?

って思う人もいるでしょう。

現在の株式投資では口座開設にも口座の維持にもお金はかかりません。むしろ口座開設キャンペーン等で現金をプレゼントというのもあるくらいです。

なので口座開設するだけでもお得と考えることが出来ます。
証券会社によっては様々なツールが無料で使えたりもするので、複数の証券会社に口座開設をしている人が大勢います。
(20口座以上開設しているという人も聞いたことがあります)

口座に入金する

証券会社への口座開設が完了しても、すぐに株を売買できるわけではありません。
株を売買するには、当たり前のようですが「お金」が必要になってきます。

取引したい銘柄によって必要な金額は全然異なってきますが、初めのうちは無理のない範囲で入金を行い
売買を行うようにしましょう。

売買を行うツールをPCへインストール

※厳密には、この手順③は必須ではありません
電話注文で売買することもできますし、ブラウザ上でも売買することもできます。。
しかし、電話注文では手数料が高いということがあったり、ブラウザよりツールの方がより一層機能が充実しているといった理由で、
主流なのはツール上での取引と言えるでしょう。

証券会社では、売買を行うためのツールを基本無料で提供しております。
(詳細は各証券会社の公式HPをご確認ください)

使いやすいツール・使いにくいツールは人それぞれ好みがあると思いますので
色々な証券会社のツールをインストールして試してみるのもいいでしょう。

売買開始

手順①~③までが終わればいよいよ株の売買が行えます。

ツール上で売買したい銘柄(企業)を検索し、売買の注文を行います。
当たり前のことですが、入金した金額以上の注文は行えません。
(信用取引という、入金している金額以上の取引を行うことも出来ますが、株式投資の経験が1年以上必要です)

この記事に関連するタグ

コメント

タイトルとURLをコピーしました