株の購入単位と手数料

株式とは企業が事業を行う為に必要な資金を投資家から調達する為に発行しています。企業が事業を行うには投資家が株式を購入してくれたお金を使います。「投資家が株式を買う」と言う事は企業に出資することを意味します。株式を発行して事業拡大することは投資家から事業資金を提供して頂いていると言うことになります。

基本的な株の買い方は

基本的な株の買い方は株式の売買注文を受け付けてくれる証券会社の口座を開設する必要があります。ご自身でご用意出来る投資資金を開設したご自身の口座に入金をします。株式は企業で直接、買うことが出来ません。株式は金融商品取引所と呼ばれるところで売買取引を行うことが出来ます。主な金融商品取引所の市場には東証やJASDAQ、マザーズ、大証、名証、セントレックス、福証、Q-Board、札証、アンビシャスなどが存在します。ご自身の証券口座に資金を入金することが完了したら、購入したい銘柄株を選択して買い注文を入れます。証券会社は投資家から受けた買い注文を金融商品取引所へ取り次ぎます。金融商品取引所では一定のルールに従い取引を成立させます。買い注文の取引が無事成立すると証券会社を通じて代金を清算します。

購入単位(株数と単元)とは

購入単位(株数と単元)とは企業が発行する株式の売買単位を指します。株式の売買単位を1単元とし100株や1000株単位の株数で取引を行います。1単元は企業により様々な株数が用意されています。企業によっては1単元の株数を引き下げ投資家が購入しやすいようにしています。企業に異なりますが1単元未満でも株式を売買取引することが可能です。投資家が1単元の企業株式を保有することにより株主総会で議決権や意思決定に参加することが出来ます。1単元の株式を保有することにより株主の権利を得られます。

購入時に要する手数料

購入時に要する手数料はネット取引と電話取引により異なります。国内株式やETF、REITなどの売買取引を行う際は1注文ごとに手数料が掛かる方法と1日を通して手数料を計算する方法があります。初めて証券会社で口座開設した場合は1注文ごとに手数料が掛かる方法が適用されます。1日を通じて手数料を計算する方法は各営業日で金融商品取引所の取引開始から取引終了までの間を指します。お電話取引の場合は1注文ごとに手数料が計算されます。野村証券はネット取引で1注文の約定代金、10万円まで150円の手数料が発生し上限5000万円超で一律77.143円必要です。1日の約定代金合計300万円まで2.571円の手数料が発生します。300万円を増すごとに2.592円の手数料が都度必要になります。お電話取引は1注文の約定代金、20万円まで1.954円の手数料が発生します。上限5000万円超で一律205.715円必要になります。

まとめ

株の買い方はご自身の好む証券会社の口座開設が必要になります。株式は証券会社を通じて買うことが出来ます。1単元は企業により異なりますが、1単元未満でも購入することが可能です。株を買う場合は1注文ごとや1日を通じて手数料が計算されます。

この記事に関連するタグ

コメント

タイトルとURLをコピーしました