証券口座の開き方

株式取引を行う為には証券口座を新たに開設する必要があります。証券口座には大手証券会社からネット証券会社まで数多く存在します。ご自身の投資スタイルに合わせ、好みの証券口座を開設することが重要です。新たに証券口座を開設する為には証券会社に口座開設をお申込みする必要があります。

証券口座とは

証券口座とは金融商品取引所で扱う株式を売買取引する為の専用口座です。証券口座には一般口座や特定口座、NISAの種類があります。2月から3月にかけて確定申告し税金を納めなければなりません。株式取引を行い利益が発生したら税金を納める必要があります。株式取引に関わる税金には3種類あります。1つ目は消費税で売買手数料に課税されています。2つ目は譲渡益税で株式を売却して得た利益に課税されます。3つ目は配当税で配当金に課せられる税金です。これらの株式に関わる税金で譲渡益税のみ申告が必要になります。
株式取引を始めたばかりの方や計算がめんどくさい方は特定口座を開設すると良いと言われます。

一般口座・特定口座・NISAの違いとは

証券口座には3種類の口座があります。一般口座・特定口座・NISAの違いとは税金をどのように計算して申告するかの違いになります。1つ目は一般口座と呼ばれるものです。一般口座は1年間の株式取引を記録して自分で計算し税金を支払います。短期間の株式取引が多い方は記録と計算がめんどくさくなります。初心者の方でも使い易い特定口座には2種類あります。1つ目に「源泉徴収あり」と言う口座と「源泉徴収なし」と言う口座です。特定口座で源泉徴収ありを選択した場合は投資家に代わって証券会社が納税まで代行してくれます。特定口座で源泉徴収なしを選択した場合は証券会社が年間取引報告書を基に税額を計算してくれます。投資家は証券会社が計算してくれた税額を基に自分で確定申告を行います。NISAは少額投資非課税制度と呼ばれ、利益に対して非課税になる専用口座です。投資出来る金額は決まっており年間120万円まで非課税で株式取引を行うことが可能です。

一般口座・特定口座・NISAのどれを選べば良いか

一般口座・特定口座・NISAのどれを選べば良いでしょうか。各口座の特徴を理解しご自身の株取引スタイルに合わせて選択すると良いと言われます。現状の株式取引では一般口座を選択する必要はありません。特定口座で源泉徴収ありを選択し簡単に株取引を行う方が選ばれています。NISAは非課税で株式取引を行え、利益を得ることが出来るので人気あります。

まとめ

証券口座を開設する場合は一般口座と特定口座(源泉徴収あり・なし)、NISA口座から選ぶことが必要です。特定口座で源泉徴収ありやNISAは比較的、簡単なので選ばれています。

この記事に関連するタグ

コメント

タイトルとURLをコピーしました