株主優待と配当金をもらう方法

株主優待と配当金の受け取り方は分けて考える必要があります。株主優待とは投資家が出資した企業から受け取ることが出来る待遇です。企業は自社株を1単元で投資家に株を売ります。投資家は1単元の企業株を保有し株主になります。企業の株主になることで様々な株主優待を受けることが出来ます。配当金は株主が受け取ることが出来るお金です。

株主優待と配当金を貰う条件

株主優待と配当金を貰う条件は企業の株式を1単元以上保有していることが求められます。1単元とは企業が投資家に対して販売する株式数の単位を指します。企業の株式数の単位には100株や1000株になります。株主優待や配当金を貰う条件には権利確定日が深く関係があります。一般的に権利確定日は月末に設定されています。株主優待や配当金を貰う為には権利付き最終日に企業株を購入して保有している必要があります。権利付き最終日は権利確定日の4日前になります。投資家が企業株を購入して名義書換などの手続きが終了するのに必要な日数になります。株主優待には自社製品やお米券、図書券、クオカード、食事券、地域特産品などが用意され配当金のように課税されない魅力があります。

株主になるにはどうすればよい

株主になるにはどうすればよいのでしょう。ご自身の証券口座を開設して企業株式を購入する必要があります。株主優待や配当金目的の場合は権利付き最終日までに株を買う必要があります。株主になる為には企業株を最低1単元以上保有しておくことが重要です。企業株は1単元未満でも保有することが可能ですが、1単元以上保有していないと株主にはなれません。

権利確定日と権利落ち日

権利確定日と権利落ち日は投資家にとって覚えて置く必要がある用語です。権利確定日は投資家が企業株を1単元以上購入し株主として権利が確定した日を指します。権利落ち日は権利付き最終日の翌日になります。権利付き最終日は権利確定日の4日前になります。権利落ち日は権利確定日の3日前を指します。権利落ち日には投資家は企業株を売りに出します。例えば3月31日が権利確定日とすると4日前の3月28日が権利付き最終日になります。権利落ち日は3月29日になります。

いつ株を買うのがお得か

いつ株を買うのがお得でしょうか。一般的にはいつ株を買うのかは投資家の投資スタイルによります。株主優待や配当金目的で株を買う場合は権利付き最終日1週間前後と言われます。株主優待や配当金の権利が付く、権利付き最終日には企業株の価格は高騰します。株主優待や配当金目的で株式投資を行う際は遅くとも1週間前後から様子を見て購入すると良いでしょう。

まとめ

株主優待と配当金の受け取り方は企業の株式を1単元以上保有して置く必要があります。株主優待と配当金の受け取り方は権利付き最終日までに企業株を購入して置くことが重要です。

この記事に関連するタグ

コメント

タイトルとURLをコピーしました