株の取引時間

株の取引時間は決まっています。株の取引時間帯は証券取引所が予め定めています。株の売買取引を行う為には証券会社を通じて証券取引所に注文を取り次いでもらいます。株の売買取引時間帯は注文が活発に行われている為に株価は刻々と変動していきます。新聞やニュースで良く聞く、始値や高値、安値、終値などは取引時間中や終わった値段を指しています。株式の売買取引は証券会社の取引時間内で行われ、通常取引と呼ばれます。この通常取引時間帯は各証券取引所により若干異なる場合があります。

東証の取引時間

東証の取引時間には前場と後場の2つの取引時間帯が設けられています。前場とは午前中の取引時間帯を指し午前9時から11時30分まで株式の売買取引を行うことが出来ます。後場とは午後の取引時間帯を指し午後12時30分から15時まで株式の売買取引を行うことが出来ます。外国株式を売買する際は取引時間帯が異なる場合がありますので注意しましょう。

取引時間外

取引時間外は証券取引所が定める取引時間帯外で株式の売買取引を行うことができるシステムです。日中は仕事や勉強で株式取引が行えない為に夜間の時間帯を活用して株式取引を行う方法です。証券取引所が閉まった後に企業の重要な発表があった際などの株式の売買が出来るので便利なシステムです。このシステムは証券取引法改正によりPTS(私設取引システム)の開設が可能になり利用出来るシステムです。

SBIのPTSの取引時間

SBIのPTSの取引時間は午前8時20から午後16時までと午後19時から23時59分まで株式の売買取引を行うことが可能です。SBIのPTSの取引時間帯はデイタイムセッションとナイトタイムセッションに分かれます。デイタイムセッションでは証券取引所の寄り付き直前や大引け直後の取引もご利用出来ます。ナイトタイムセッションでは証券取引所の時間外のニュースや欧米の株式市場の動向を意識して取引を行うことが可能です。通常の取引のように株価が決定されます。PTS取引は各証券会社により異なりますので確認が必要です。

まとめ

株の取引時間は通常取引と時間外取引の2種類あります。通常取引の時間帯は午前9時から11時30分と午後12時30分から15時までになります。時間外取引は午前8時20分から開始され深夜11時59分まで株の売買取引を私設取引システム上で行う事が可能です。株の取引時間帯は証券取引所により異なりますのでご自身で確認する必要があります。時間外取引はネット証券会社が運営しているケースが多いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました