株式はどこで購入できる?その3つの方法

株を購入する経路には大きく分けて3つの種類があります。代表的な購入経路は、

  • 証券会社の窓口
  • 証券会社のオペレータと電話
  • 証券会社のウェブサイトやアプリなどインターネットを利用して

の3つです。これら3種類の株の購入経路は、投資家の投資スタイルにより使い分けすることができます。

あなたが株式投資を行う際にはウェブサイトやアプリなどインターネットを利用して株を購入するのがよいです。窓口やオペレータを通じた取引では、昼間の仕事とバッティングするからです。

株を購入する経路

株を購入する経路には、

  • 証券会社の窓口
  • 証券会社のオペレータと電話
  • 証券会社のウェブサイトやアプリなどインターネットを利用して

の3つの方法があります。証券会社の窓口を利用して株を購入する方法は証券会社の担当者から色々なアドバイスを受けて株を購入することができます。

証券会社へ電話をかけて株を購入する方法には2種類あります。

1つめはコンタクトセンターと呼ばれる場所に電話を掛け、有人のオペレーターが対応してくれるサービスです。毎回異なるオペレーターが株のご相談に乗ってくれます。

コンタクトセンターは有人のオペレーターを利用するために電話がつながるのは日中のみに限られます。

2つめは自動音声を利用して株を売買するサービスです。有人のオペレーターと異なり、遅い時間帯まで利用できます。

証券会社のネットサービスを利用すると、時間や場所を問わず、株取引が可能になります。購入相談は出来ませんが、様々な取引ツールを利用して、あなたが知りたい情報を得ることができます。

窓口を利用するメリットとデメリット

メリット

窓口を利用すると担当者制になります。証券会社の営業員があなたの株式売買をアドバイスしてくれるのです。

担当者から伺える内容は担当者の力量次第ですが、例えばあなたが興味を持っている株主優待銘柄を探してもらったり、配当金が高い銘柄を選んでもらったりと、あなたの投資をサポートしてくれるのです。

デメリット

ただ、窓口利用にはデメリットもあります。

ネットや電話を通じた取引に比べ株式委託手数料が高く、少額投資には不利です。

加えて、営業行為が問題になることや、近くに証券会社がないと利用できないなどが挙げられます。

また、窓口利用可能時間は日中に限られるため、日頃働いているあなたが窓口を利用するのは難しいです。

ネットを利用するメリットとデメリット

メリット

証券会社のネットサービスを利用するメリットには時間や場所を問わず取引が行えることや取引手数料が安く抑えられること、リアルタイムで情報を確認して取引できること、負担が少なくストレスフリーで長く続けることが出来る事です。

デメリット

担当者からのアドバイスを受けることが出来ないので、あなたが投資をサポートしてほしいと考えるなら不利です。

また、端末のトラブルが起こる可能性があること、セキュリティー上のトラブル、取引の判断はご自身で行うことなどが挙げられます。

まとめ

株を購入する経路には証券会社の窓口や電話、ネットを経由して売買取引を行えます。窓口を利用すると担当者からアドバイスを受けることが出来るので不安がある方はおすすめの経路です。窓口は売買手数料が高く掛かる為に格安で取引を行う為にはネット経路で株の購入がおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました