オリエンタルランド株の買い方と株主優待

オリエンタルランド(証券コード:4661)は東京ディズニーランドや東京ディズニーシーを運営する企業。あなたが東京ディズニーランドや東京ディズニーシーで使える株主優待を欲しいと思ったなら、オリエンタルランド株を買うのです。

オリエンタルランドの株を購入するには、株式はどこで購入できる?その3つの方法で紹介した、いずれかの方法を選択します。

すなわち証券会社に口座を開設して

  • 証券会社の窓口
  • コンタクトセンター
  • スマホやパソコンを利用してインターネット売買

のいずれかの方法で買うのです。

このうち、窓口やコンタクトセンターを利用するには、日中に証券会社に行くか、もしくは電話する必要があります。でも、働いているあなたにとって、それは現実的ではないですよね。

そこで、昼間働いているあなたはスマホアプリを利用して買うことをおすすめします。

例えば、ネット証券の1社である楽天証券でも、同社のスマホアプリを利用してオリエンタルランドの株を買えます。

オリエンタルランド株はいくらで買える?

オリエンタルランドの株価は1株6,184円(2017/02/03時点)です。同社の単元(株の購入単位と手数料)は100株ですから、株を買うために必要な金額は618,400円です。

ちょっと高額な買い物ですね。

最新の株価はヤフーファイナンスよりチェックなさってください。

オリエンタルランド | ヤフーファイナンス

実際には、この購入金額に証券会社特有の売買手数料(株式委託手数料)が発生します。先に挙げた楽天証券の場合には、超割コースで487円(50万〜100万円の購入代金に対する手数料)です。同社の株価は618,400円なので、618,400円 + 487円 = 618,887円が必要最低購入金額になります。

株主優待と配当金を得る方法

オリエンタルランドの権利確定日は9月末3月末の年2回です。この2回のいずれか、もしくは両方の権利確定日までに、株主名簿に名前が記録されることで株主優待や配当金を受け取ることが出来ます。

株式は購入から現物の受け渡しまでに3営業日必要なので、今回のケースでは3月25日と9月25日頃までに同社の株を100株以上保有しておく必要があります。

権利確定日が終わった後に売り払うのは構いません。重要なのは3月25日と9月25日頃の権利確定日の日に株式を持っているかどうか、です。

株主の権利を獲得すると、権利確定日から約3ヶ月後に株主優待と配当金が支給されます。

オリエンタルランドの株主優待と配当金は?

株主優待の内容は?

東京ディズニーランドか東京ディズニーシーで利用できるワンデーパスポート(1日入場無料券)です。当日チケット売り場で購入すると7,400円します。

あなたがオリエンタルランド株を100株〜300株保有している場合、株主優待は3月の1回のみです。9月の優待はなく、配当金のみもらうことができます。

一方、あなたが400株以上の株式を保有していると、株主優待の権利は3月と9月の年2回になります。なので、合計2枚のワンデーパスポートが受け取れます。

ただ、先にも述べたように、同社の株価は100株でだいたい60万円超です。400株も保有するためには240万円超の費用が必要になるため、かなりハードルは高めです。例えば、「金融資産250万円のうち、240万円をオリエンタルランド株につぎ込みました」みたいな投資は勧められません。

当然、株価の変動で元本を割ってしまうリスクが高くなるからです。

そう考えると、筆者は100株だけ購入して、3月の権利確定でワンデーパスポートをもらうのが良いのかなと思います。

2,000万円とか3,000万円とか運用していれば話は別ですが、それでも優待のためだけにオリエンタルランド株にうんびゃく万も投じるのはリスクの高い投資です。

なお、株主優待の詳細は下記にてご確認ください。

株主優待制度 | オリエンタルランド

配当金はもらえる?

オリエンタルランドの配当金は1株あたり35円(2016年実績。年間)です。実際には3月と9月のそれぞれで、1株17.5円(2016年実績)の配当金が設定されています。

売買は100株単位で行うため、年間3,500円が期待値になります。株価に対する配当金利回りは0.6%程度です。

この配当金利回り、日経平均株価の平均的な配当利回り(株価次第ですが1.6〜1.8%程度)に比べると、はるかに低いです。少なくとも、配当目的で同社の株を買うのはおすすめできません。もっと利回りがよく、かつ安価に購入できる銘柄がたくさんあります。

例えば、みずほ銀行株なんかは100株2万円で購入できて、配当金利回りも4%近いです。配当目的で投資するなら、どう考えてもそういった株を狙ったほうが良いです。

なお、100株保有時の株主優待は3月のみですが、配当金は保有株数に関係なく年2回もらえます。

株主優待と配当金の合算利回りは

7,400円 + 3,500円で10,900円相当です。これでも日経平均株価の平均的な配当利回りにはおよばないので、お世辞にも利回りが高い銘柄とは言い難いです。あなたが優待をもらうことを視野に、「夢を買いたい」と思うなら購入を検討してみてはいかがでしょうか。

よくある質問

ディズニーランドで株は買える?

いいえ、買えません。

ディズニーランドやディズニーシーでは株は売っていませんので注意してくださいね。

まとめ

以上をまとめると、

  • 購入に必要なお金は約60万円(100株。株主優待を得るための最低株数)
  • 100株購入時の株主優待は3月のみ。9月にももらうなら400株以上(最低240万円)の株式購入が必要
  • 利回りは日経平均株価を構成する銘柄よりは低め

です。

なお、株主優待や配当金はどの証券会社を利用してももらうことができます。そのため、一般にはいかに売買手数料(株式委託手数料)を安価にするかが焦点になります。

冒頭でも触れた楽天証券は特に安価に株式を購入できる証券会社の1社です。

同社のスマホ向け株取引アプリ(iSPEED)を利用すれば、外出先からも株式を購入できます。まずは口座開設をして、同社の株価を追ってみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました