一般社団法人 日本ブロックチェーン協会について

一般社団法人 日本ブロックチェーン協会は、2014年以降の仮想通貨・ブロックチェーンの健全な普及や発展に貢献するために設立、改組された協会です。
仮想通貨ビジネスは、まだ普及してから月日が新しく国内でちゃんとしたガイドラインが引かれていませんでした。そこで一般社団法人 日本ブロックチェーン協会では、国内での仮想通貨ビジネス振興及び課題解決のため自主的にガイドラインを制定してより安全に仮想通貨ビジネスを行えるようにする協会です。

新しい技術の発展をより安全に行うため

今後、さらに発展して行くであろうブロックチェーン技術を健全なるビジネス環境と新しいビジネスに対して利用者保護体制の整備を進めることで、日本の産業発展に努めているのが一般社団法人 日本ブロックチェーン協会です。
そのためにブロックチェーン技術の社会的インフラへの対応や政策の提言などを積極的に行いさらなる発展に貢献していく協会です。

一般社団法人 日本ブロックチェーン協会のブロックチェーンとは?

ブロックチェーンとは、次世代の情報通信技術として金融サービスや公共サービスなどの多方面での活躍が期待されその社会的なインパクトは、あなたが今見ているこのインターネット即ちネットワークサービスの登場にも比肩する技術だともいわれています。
そのブロックチェーン技術を基盤技術としてして運用されているのがビットコインです。
ビットコインは、安価でさらに手軽に便利な決済・送金技術を取り入れており誰にでも簡単に運用が出来ることから急成長しております。
ビットコインのように新しい技術を支えさらに新しいものを生み出せるそれがブロックチェーン技術です。
このブロックチェーン技術をより一層安全・安心な技術してこれからの日本経済のさらなる発展に貢献できるよう一般社団法人 日本ブロックチェーン協会は、ブロックチェーン技術を支えていく協会です。
最後に一般社団法人 日本ブロックチェーン協会の目標として改正資金決済法が定める【認定資金決済事業者協会】となるように目指している協会です。

この記事に関連するタグ

コメント

タイトルとURLをコピーしました