投資信託の始め方

株式投資は儲かると聞くけど失敗するのが怖い。定期預金は手堅く資産を増やすことができるが、ちょっと物足りない。そのようにお考えの方には、投資信託という投資方法が人気を集めています。少額の金額から投資することが可能で、あらゆる投資先があります。

投資信託とは、たくさんの人(投資家)から集めたお金を一つまとめ、プロの投資家に株式や債券に投資してもらうようにお願いします。プロの投資家は投資することで生じた利益はお金を出した人に対して、投資の割合に応じて配分していきます。金融商品と呼ばれるものの一つになります。どの株式を買うべきか、いつ買い、いつ売れば一番利益をだせるのか、といった専門的な事をかんがえると投資することを躊躇してしまいます。しかし投資信託では、プロの投資家が投資先や運用方法すべてを決定してくれます。

自分個人でたくさんの株式や債券を購入するには多額の資金が必要になります。しかし投資信託であれば、少額の金額を沢山の人がプロの投資家に預けて運用をお願いするので、少額の資金で始めることができます。また、一つの株式だけを購入してしまうと株価が下がったときに多額の損失を出してしまいますが、投信信託ではあらゆる株式や債券に投資するため、リスクを少なくすることが可能です。こういったメリットゆえに現在、関心を集め、人気の金融商品となっています。

投資信託では大きく分けて3つの会社が役割を担っています。それは販売会社、運用会社、受託会社です。販売会社とは投資信託を行っている金融機関、証券会社、銀行、郵便局などがあります。それぞれの販売会社で品揃えや手数料などが異なるので、購入前に調べておくことが大切です。実際に集まったお金を運用する方法や運用するための指示を与えるのは、運用会社です。今後、どの会社の株式や債券が利益をだすのか。どのタイミングで売買をするのか。こうした専門的な分野を運用会社は担当します。受託会社は信託銀行がおこない、実際の売買や運用の管理をしています。

最後に、投信信託としてプロに投資をお願いしても失敗してしまうこともあります。つまり運用で損失が出てしまうこもあるということを投資信託を始める前には心に留めておきましょう。

この記事に関連するタグ

コメント

タイトルとURLをコピーしました