投資信託にかかる手数料

投資信託を始める際に、前もって確認しておくべき点に手数料があります。これは運用成績を大きく左右する要素でもあるためとても重要になります。大きくわけると3つの手数料があります。購入時手数料、運用管理費用、信託財産留保額です。これらの費用が低ければ低いほど、最終的にもどってくる利益は大きくなるということです。

投資信託を購入する時に支払う購入時手数料があります。証券会社によって率はことなり、一般的には購入価格の0~3%になります。最近では大手証券会社に比べてネット証券の購入手数料が低い傾向にあります。同じ投資信託を購入する場合でも販売会社により手数料が異なることもあるので、しっかりと比較し購入することが大切です。またノーロッド投資信託と呼ばれる、手数料無料の投資信託もあります。

投資信託を購入し保有している期間中に支払われる費用が運用管理費用です。これは信託報酬とも呼ばれています。投資信託を運用するために必要な様々な経費や運用会社に支払われる報酬を指します。日割り計算すると非常に低い率ですが、保有時には毎日支払われることを考えると決して無視はできません。投資信託の種類によって率は異なり年率で計算すると約0.05~3%が目安になります。信託報酬が低く設定されている方がより効率的と考えることができます。

信託財産留保額は投資信託を換金する時に発生する費用になります。また途中で解約する際にも生じます。株や債券を換金するためには費用が発生しますが、その費用を別の投資家に負担させるのは理に反することです。そのため信託財産留保額という費用を支払うことになります。長期運用をすることで無料になる場合もあります。率は約0~0.5%が相場になります。

手数料が高いからといって、運用成績が良いとは限りません。ここでとりあげた費用を可能な限り低く抑えることができれば、換金するさいに利益を上げることができます。同じ投資信託であっても販売会社、購入窓口により手数料が異なることを忘れないようにしましょう。また消費税が増税される際には、手数料もそれに応じて割増になります。消費税が増税される予定の今後はこれまで以上に注意したいポイントになります。

この記事に関連するタグ

コメント

タイトルとURLをコピーしました