投資信託の分配金の仕組み

投資信託を始める際には前もって、分配金の有無やその受け取り方についても比較検討しておくことがすすめられています。

分配金とは、投資家から集めたお金を株式や債券などを購入します。購入した株式や債券から発生する配当金や利子収入、また売買運用をすることでもたらされる売買益という利益も発生します。これらの利益が分配原資となり、投資家たちに配分されることになります。分配金をださない投資信託もあり、そのような場合は利益分をそのまま信託財産として蓄積し、長期運用することでさらなる利益を得る方法がとられています。株価や為替はその時によって価格が変動するため、分配金も一定額が常に支払われるわけではありません。状況によって、分配金が出ないということもあります。

分配金にも普通分配金と特別分配金の2つの種類があります。普通分配金とは株や債券の運用によって元本を上回る利益が生じた場合に支払われる配当金です。投資信託の場合、利益には税金がかかることが法律で定められているので、分配金の金額に関わらずに20%が税金として引かれます。もう一つは特別分配金です。これは、運用により元本割れの状況や利益がでているものの分配金を出すことで元本割れになる場合で出される配当金を指します。特別配当金とは呼ばれていますが、実際には利益ではなく損失になっているため税金はかかりません。

分配金の受け取り方にも2つの種類があります。1つは分配金受取型と呼ばれる、支払われる分配金をそのまま受け取る投資信託です。もう1つは分配金再投資型と呼ばれ、分配金を自動的に同じ投資信託に再投資しさらに利益が生じるようにする投資信託です。販売会社によって2つのうち1つを選べるようになっていることが多いので、購入の際には確認する必要があります。

分配金が定期的にもらえるのは臨時収入で嬉しいですが、多くの投資家たちは分配金をなるべく再投資することを推奨しています。そうすることで当初よりも多くの利益を受け取る機会が増えます。投資信託は基本的に短期間の投資ではなく長期間の投資を目的とした方にすすめられている金融商品でもあるので、少しずつでも投資資金が増えていくのは長期的にみると大きな利益を生み出します。

この記事に関連するタグ

コメント

タイトルとURLをコピーしました